猫缶

キャットフードの原産国、国産がいい?

今キャットフードを選ぶ際にいろんな商品がありとても迷ってしまうという人が多いのではないでしょうか。
ペットショップだけでなく、スーパーやホームセンター薬局などでもキャットフードが購入できるようになりました。
なので、いろんなところでキャットフードを購入できるようになりました。

そこで迷ってしまうのが、原産国です。
日本人は、やはり国産にこだわる傾向がとても強いです。
それはキャットードに関しても同じことがいえます。

ただし日本のペットフードの基準は、平成19年にやっと厳しくなったばかりです。
それまでは原材料や製造元、賞味期限なども記載することが義務づけられていませんでした。
そのため、猫にとって有毒な成分がたくさん含まれていました。

防腐のための薬品、動物も死骸や病気で亡くなった動物の肉の部分を使用した4Dミートと呼ばれるものをしていました。
それがペットフード安全法によって、原材料や製造元、賞味期限などを記載するという決まりができました。
それから日本で販売されるキャットフードは、飼い主が原材料を見極めて購入できるようになりました。

それでも国内で販売されているものの中には、添加物などを使用しているものもあります。
国産のもので安心して購入する際には、無添加のものやオーガニックのキャットフードを選ぶことがお勧めです。
またキャットフードは、国産のものだけではありません。

海外製のものも多く、日本では使用できても海外では使用禁止されている添加物などもあります。
なので海外製のほうが原材料の基準が厳しいといえます。
中でもヨーロッパやアメリカでは猫を飼っている家庭が多いため、いろんな商品が発売されています。
しかし海外製品の場合は、パッケージはその国の母国語で書かれています。

英語だけでなく、スペイン語やドイツ語フランス語などでかかれているものもあります。
説明書きや注意点などが読めないと不安を感じる人も多いでしょう。
そのため購入先で商品説明をしっかり聞くなどといった信頼できるショップで購入する事が大事です。
愛猫に合わせたキャットフードの選び方はこちらのサイトを参考すると良いでしょう。
値段だけで選ぶのではなく、キャットフードに含まれている原料が安全なものなのかも調べて選んであげてください。
愛猫で健康で長生きできるかどうかは飼い主の選ぶキャットフードによって大きく変わってきます。
大切な愛猫のためにも、より良いものをあげましょう。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.