猫缶

肥満が気になるネコへのキャットフード

日本人も不規則な生活によって、肥満体になる人も増えてきています。
それは猫の世界においても同じことが起きています。
運動不足だったり、カロリーが高い食事や過食などによって、肥満体になってしまいます。

肥満のリスクとしては、心肥大、心不全、糖尿病などに病気にかかってしまいます。
なので早い段階で、生活習慣やキャットフードを見直す必要があります。
特にキャットフードの場合は、高タンパクで脂肪分が多いのが特徴です。

ドックフードに比べてもカロリーが高いため、肥満になりやすいといえます。
野生の猫と違い室内の猫は、動くことができるスペースも限られてしまいます。
そのため運動不足にもなりやすいです。

そしてもう一つ気をつけなければいけないことは、年齢に応じてキャットフードを見直すことです。
仔猫用と成猫用とシニア用では、キャットフードの栄養素が大きく異なります。
若い猫用のものほどカロリーが高くなっています。

なので適切な年齢のキャットフードを与えるようにしましょう。
それでも、栄養素がバランスよくしっかり含まれているため、どうしても太りやすくなってしまいます。
猫の肥満体が気になる人は3歳から5歳ぐらいになると動物病院で検査することができます。

見た目で判断する場合は、触った感触で肋骨が分からない状態や、上から見て肩よりお腹のほうが出ている場合は肥満の可能性が高いです。
肥満が気になった場合は、肥満対策のキャットフードを取り入れるようにしましょう。
ダイエットといっても量を減らしてしまうと、ストレスになってしまいます。

なので今まで食べてきた量と同じぐらいの料で、低カロリーのダイエットフードを選ぶようにしましょう、
ドライフードの場合は低カロリーで、バランスのとれた栄養素が含まれたものが多いです。
ウェットフードや違うダイエットキャットフードを取り入れる時は、急に全部変えるのは避けましょう。

いままでと味や食感が異なると、急に食べなくなってしまう猫もいます。
せっかく用意したダイエットフードが無駄になってしまいます。
そのため、今食べているキャットフードに少しづつ混ぜながら、ダイエットフードの割合を増やしていきましょう。

味などに慣れてくれて、しっかり食べるようになったら、ダイエット用のキャットフードに切り替えても大丈夫です。
肥満は猫の寿命を短くしてしまう病気の一つです。
なので一日でも長生きして一緒に過ごしたい人は猫の肥満にも敏感になり対処していきましょう。
愛犬の肥満対策にはhttp://www.tennllama.com/man.htmlも参考にしてみてください。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.