猫缶

一般食としてのキャットフード

初めて猫を飼う人、いままで猫を飼っている人でも、多くの人が一番悩むのが食事ではないでしょうか。
今ではキャットフードはいろんな種類のものが販売されています。
初めて猫を飼う人にとっては、何をどう選んだらいいのか分からなくなってしまうほどの種類と量です。

そんな人にとって基本的な猫の食事について知っておく必要があります。
まずキャットフードには大きく分けて二種類のタイプ別に分かれています。
まず一つ目は、総合食と呼ばれるものです。

猫にとって一日に必要な栄養素がバランスよく含まれているキャットフードです。
基本的には、このキャットフードとお水だけで生きていける栄養素が含まれています。
種類としてはドライフードになっているものが多く、一般的なものから高品質のプレミアムキャットフードもあります。

そしてもう一つが一般食です。
キャットフードの中では、副食としても販売されているキャットフードです。
一般食の特徴としては、エネルギー補給や特定の栄養素をしっかりとれるように作られているものです。

なので一つの食事としては、栄養がとても偏ってしまいます。
そのため必ず総合栄養食と一緒に組み合わせて与えるようにしなくてはいけません。
また猫も人間と同じく、体調やその日の気分などで食の量や食い付きが異なります。

最近あまり食欲がないような気がすると感じた人は、一般食を賢く利用していきましょう。
一般食は種類も豊富なので、いろんなものを試しながら食事に変化をもたらせてあげるのも大事です。
猫の場合、一般食を選ぶ際には二種類あります。

まず一つ目は、栄養補助食です。
不足しがちな栄養素を積極的にとらせてあげるために、飼い主自ら選ぶものです。
運動量が多い年頃の猫にはカロリーの補給のためのキャットフードを選ぶといいでしょう。
今では毛玉ケア用、アレルギー対策、猫の種類別の専門フード、歯垢がつきにくいタイプ、妊娠・授乳期に与えたい栄養素などが販売されています。
猫によって選ぶことができ、その時の体調、食事のケアなどに一品加えるとても効果的です。

二つ目は、特別療養食です。
特定の病気になった際に、獣医の指導によって食べるものが決められます。
肥満体や腎臓病になりやすいため、病気に対する食事のケアのための一般食が必要になります。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.