猫缶

子猫向けのキャットフード

人間も猫も成長に応じて食の量やエネルギー量が異なります。
人間も猫も一番栄養が必要と感じる時は、成長期の頃です。
この成長期に必要な栄養素をしっかりとることができているかできていないかで、大人になってから体への影響が出てきてしまいます。

特に食に対するこだわりが強い猫には、味の違いや食べやすさはとても重要になっていきます。
猫もキャットフードの質が上がったことで、とても寿命が延びてきてよりペットとして愛されるようになりました。
しかしそれだけの寿命を支えるのが、飼い主が選ぶキャットフードです。

猫は、キャットフードを水分だけで生きていきます。
なのでいかにキャットフード選びが大切かということが分かります。
そこでキャットフードには成長期によって選択するキャットフードが異なります。

生後4カ月から1歳まで与えられるキャットフードを仔猫向けのキャットフードといいます。
販売メーカーによっては、幼猫用やキトン用と書かれているものも、仔猫用のキャットフードを指しています。
仔猫用のキャットフードは成長期に必要なたんぱく質が豊富に含まれています。

運動量も多いため、高カロリーなものが多いです。
まだ仔猫として小さいため、http://www.kuwanoya.jp/tekisita.htmlで紹介されている
成猫用のキャットフードに比べて大きさも小さく作られています。
仔猫が食べやすく、そして必要な栄養素をバランスよく配合されています。

例えば、筋肉の発達に必要なアミノ酸が豊富に含まれているものもあります。
そのほかには、脳の発達に必要なDHAなども含まれています。
また食物繊維を豊富に含んだものも多く、排便を幼いころからスムーズにするような栄養素も含まれています。

特に幼少期の場合は、まだ免疫力も成猫に比べて弱くなっています。
なので免疫をつけるための栄養素を選ぶことがお勧めです。
そうすることで、成猫になった時に病気になりにくい丈夫な体を作ることができます。

仔猫用のキャットフードは、成猫ように比べて、同じ量でも豊富な栄養素が含まれています。
そのため、値段的にも高いものがほとんどです。
数か月のことですが、体の成長期としてはとても重要な時期です。
なので仔猫用のキャットフードを選ぶ与えることが大事になります。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.