猫缶

無添加のキャットフードを選ぶ

日本のキャットフードは平成19年に定められた、ペットフード安全法の適用によって大幅に改善されました。
それ以前のキャットフードでは、猫にとって有害な物質がたくさん含まれていて、低価格の商品がとても多く販売されていました。
しかし、ペットの命への危険性がはっきりしたことで、法律の改正が行われました。

その背景には猫をペットとして、とても大事に飼う人が増えてきたということもあげられます。
この法律では、原材料、製造元、賞味期限、などしっかり明記されるようになりました。
今まではお店の店員さんの意見やパッケージにかかれた商品説明などを参考に購入していました。

それが飼い主自ら原材料を見極める必要があります。
例えば、BHT、プロピレングリコール、エトキシキンなどはキャットフードに多く含まれている代表的な添加物です。
添加物が含まれたキャットフードを食べ続けていると、ガンやそのほかの病気にかかってしまうリスクがとても高くなってしまいます。

なのでこのような添加物が含まれていない無添加のキャットフードを選ぶようにしましょう。
またもう一つ注意点として、副産物、副産物粉と原材料にかかれている商品は避けましょう。
本来ゴミとして捨てられるはずの口ばしや爪、血液などを使用しています。

このようなものを使って量を増やして大量生産しています。
このような表示があるものはやめましょう。
無添加商品とかかれていたら大丈夫と思いがちですが、自分でどのような成分が添加物なのか知ることが大事です。

そのような知識を得ることで、より安全なキャットフードを選ぶことができます。
今はキャットフードの中でも、無添加のキャットフードや高品質のプレミアムキャットフードなどがあります。
そういった商品を積極的に選びましょう。
ネットや通信販売などでは、無添加やオーガニックのキャットフード専門店などもたくさんあります。
信頼できるショップで購入するようにしましょう。
犬も一緒に飼われている方は、愛犬の健康にも気遣っていると思います。
こちらに健康に必要なドッグフードについて載っているので、気になる方は読んでみてください。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.