猫缶

猫缶ってどんな食べ物?

猫が家庭で飼われていた歴史は古く、ネズミを捕食するという特徴を生かし、ネズミ退治に飼われていました。
なので食事もそこまで凝ったものではなく、人間の残り物を混ぜて作られた食事を食べていました。
今でも耳にしたことがある、ねこまんまは残り物のご飯のことを指します。

その後日本の経済発展ともに、猫に対する飼育環境が改善されるようになりました。
そのころから猫専用のキャットフードが開発されて、多くの人が猫の食事として取り入れるようになりました。
この時に開発されたキャットフードの一つが、猫缶です。

猫缶とは、缶詰に加工されたキャットフードのことを指します。
キャットフードの中身は、主にウェットフードのものが特徴です。
ウェットフードとは、水分量が75%含まれているものを指します。

缶詰の状態では保存期間が長く重宝します。
しかし一度缶をあけてしまうと、賞味期限が短いためなるべく早く食べきることが重要です。
今の猫の食事の中心はドライフードになっているため、ウェットフードのほうが肉食である猫に好まれる傾向があります。

なのでしつけなどをしているときのご褒美かおやつとしてあげたりする家庭も多いです。
そのほかには、食が細くなってしまった時や、今までの食事を食べなくなってきた場合などに猫缶を使用する人が多いです。
いつものドライフードに猫缶を混ぜることで、食感や味などにも違いが出て、また食べてくれるようになります。

また猫は水分を摂取するのがとても苦手な動物です。
それは猫の祖先が砂漠で生息していたリビア猫だといわれ、乾燥地帯に強い体質があります。
そのため、水分量が少なくても生活することができます。

しかし、もともと水分摂取量が少ないにもかかわらず飲まないとなると、体にいろんな障害が発生します。
例えば、結石や膀胱炎にもなりますくなります。
特に、とても濃い尿を出すようになったりしてしまいます。

そんな猫の水分不足を相性するためにも猫缶はとても重要な役割をします。
猫缶に含まれる水分が猫が抵抗なく摂取ることにつながります。
また猫缶の特徴としては、低カロリーで、低脂肪のものが多いです。

なのでドライフードと一緒に食べたとしても、カロリーオーバーにもなりません。
そして食感が異なり、満足感を感じることもできます。
猫缶というと、魚を使用しているイメージが強いでしょう。

魚の場合は、血合の部分を骨抜きや蒸すといった工程を行いフレーク状になったものが多いです。
魚以外でも鳥のささみ、野菜などを使用した猫缶も増えてきています。
なので自分の猫が好みそうな味をいろんな種類の中から選ぶことができます。
犬も飼われている方は、こちらhttp://www.arimahp.jp/のドッグフードの種類も必見です。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.