猫缶

総合栄養食としてのキャットフード

猫を飼っている家庭にとって、一日でも長生きしてもらいたいと思っています。
室外で飼われている猫や野生の猫の平均寿命が4年ほどです。
それに対して室内で飼われている猫の寿命は、10年から16年もの寿命が長いです。

中には20年生きる猫もいます。
室内で飼われている猫のほとんどは、飼い主が与えるキャットフードのみで生きています。
なのでどれだけキャットフードの質が猫の寿命に影響があるのかということが分かります。

キャットフードには大きく分けて、二種類あります。
それは総合栄養食と一般食または副食と呼ばれるものです。
この二種類のキャットフードは、目的に応じて組み合わせながら餌として与えていきます。

中でも総合栄養食のキャットフードは、猫にとってとても重要なメインの食事といえます。
総合栄養食は、猫にとって必要な栄養素をバランスよく配合されて作られています。
猫は肉食動物なので、良質なたんぱく質が必要となります。

たんぱく質はアミノ酸で形成されているため、必須アミノ酸、非必須アミノ酸が含まれているものが理想です。
またアミノ酸同じく大事な成分として脂肪が必要になります。
猫にとっては重要なエネルギー源の一つになります。

この脂肪とたんぱく質は欠かせない栄養素です。
そのほかにも、ビタミン類やミネラル成分、食物繊維も大事な栄養です。
ビタミン類は、猫の皮膚を守るために重要な栄養素です。

ビタミン不足になると皮膚病になるかの性が高くなってしまいます。
また食物繊維は腸の働きを良くするだけでなく、ビタミンが豊富な猫は毛並みが美しく保たれます。
そしてミネラル成分は、猫の筋肉や骨、血液を作り出すために必要です。

このように多くの栄養素をバランス良く含まれているものを選びましょう。
実際総合食を選ぶ際には、猫の成長に合わせて選びなおす必要があります。
仔猫用、成猫用、シニア猫用、妊娠用など、時や場合によって総合食を変えて行かなくてはいけません。
また最近では総合食も種類がとても豊富になっています。
安心して、なおかつ品質がいい、プレミアムキャットフードが人気になっています。
猫と同じように、犬にも総合栄養食はあります。
犬も飼われている方で気になる方はhttp://www.peacezone.net/05.htmlをご覧になってみてください。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.