猫缶

キャットフードを食べてくれないときには 

飼い主にとってキャットフードの与え方の悩みの一つとして、食べてくれなくて困る人が多いです。
猫は成長に合わせてキャットフードを変えていかなくてはいけません。
4か月から1歳にかけては、仔猫用のキャットフードを与えます。

1歳から6歳までは、成猫用のキャットフードを与えていきます。
そして7歳以上になると、シニア用のキャットフードへ変えていかなくてはいけません。
それ以外でも、肥満が気になる猫や腎臓病や尿路の病気によって病養食を食べなくてはいけなくなる場合があります。

その際、飼い主としては早く切り替えなくてはいけないと一気に餌を変えてしまう場合があります。
すると今までのキャットフードとは違うということをすぐに察して、食べなくなってしまう猫も多いです。
猫の場合、いくらお腹がすいていても、もらい物は口にしないのが性質です。

なので飼い主としては、食べてくれないことに焦ってしまいます。
そこでキャットフードを食べてくれない場合にやる方法をいくつか紹介します。
市場の賢くやる方法として、今までのドライフードに少しづつ混ぜて食べさせるということです。

慣れ親しんだものに混ぜれば、安心して食べてくれますし、慣れてきたらだんだんと割合を変えていくことで慣れてくれます。
最終的に新しいキャットフードに慣れてくれるまで、時間をかけてゆっくり行っていきましょう。
またウェットフードを混ぜて食べさせるという方法もあります。

今まで好んで食べていたウェットフードに新しいドライフードを混ぜて食べさせてみましょう。
ウェットフードのほうが猫の趣向にあったものが多いといわれています。
なので、猫にとっても食べやすいのではないでしょうか。

それ以外ではキャットフードをお湯なので、ふやかして食べさせる方法です。
猫は熱いものは苦手ですが、暖かいものは好んで食べます。
人肌ぐらいにあたためることで 、ドライフードの風味が一層増して食欲を感じる猫もいます。

これらの方法は決しでどの猫でも当てはまるわけではありません。
ウェットフードが嫌いな猫もいれば、固いものを好む猫もいます。
普段の猫の好みなどに応じて、少しずつ変えていくようにしましょう。
猫と一緒に犬を飼っている方も少なくないと思います。
ドッグフードを食べてくれないなど、愛犬のお悩みにはhttp://whitedog.whitesnow.jp/tabe.htmlもとても参考になります。

Copyright(C) 2013 大切な家族の為に必要な知識 All Rights Reserved.